肝臓の脂肪を増やさない!脂肪肝の対策をまとめました

HOME » どんな病気?脂肪肝とは » NAFLDとは?

NAFLDとは?

アルコールを飲まない方に起こる脂肪肝疾患、「NAFLD」を解説します。

非アルコール性脂肪肝疾患「NAFLD」

NAFLD(ナッフルディー)とは「Non Alcoholic Fatty Liver Disease」の略称で、非アルコール性脂肪肝疾患の総称です。

脂肪肝が引き起こす病気と聞けば、多くの方が思い浮かべるのはアルコールの過剰摂取ではないでしょうか。

しかし、お酒を全く飲まない方も肝疾患にかかる可能性は十分にあります。日本では検診を受ける実に20~30%もの方が、このNAFLD患者であると言われています。

多くは肥満や糖尿病、脂質異常症、高血圧など、生活習慣病を原因として発症し、年々増加傾向に。「脂肪肝疾患=飲酒が原因」といった話はもう過去のものとなりました。

さらに、NAFLDが悪化すれば、肝硬変や肝細胞癌を引き起こす可能性も。これほどの患者数、重病の高危険予備群とされているにも関わらず、その認知度はまだまだ低いのが現状です。

NAFLDを知り、少しでも脂肪肝の疑いがあれば検査を受ける。「アルコールを飲まないから、肝臓の病気は大丈夫」という考えは捨てることが、NAFLDに対応するための最善の策と言えるでしょう。

NASHとの関係性は?

NAFLDで気を付けなければいけないのは、アルコールの摂取をしなくても脂肪の沈着とともに炎症や線維化が起こる、脂肪性肝炎「NASH」との関係性。

NAFLDの症状は、炎症や線維化しない脂肪肝「単純性脂肪肝」と、生活習慣病が合併することにより発症します。
NASHは、この単純性脂肪肝に酸化ストレスや鉄蓄積などの因子が加わって発症するのです。悪化すると、肝硬変や肝癌などの症状になります。

ただし、NAFLDは、全ての脂肪肝疾患に注意が必要なわけではありません。
なかには、脂肪がつくだけで進行性のない単純性脂肪肝も存在します。多くは重病化せず、症状も見られないため日常生活において支障がありません。

しかし、自覚症状もあまりないまま、病気が進行するのもNAFLDやNASHの特徴。「脂肪肝」という診断結果だけを見るのではなく、自分の肝臓がどういった状況なのかをしっかり知ることが重要です。