肝臓の脂肪を増やさない!脂肪肝の対策をまとめました

HOME » 脂肪肝と数値の関係性について

脂肪肝と数値の関係性について

脂肪肝になる原因をBMIなどの数値から紹介しています。

BMIから見る脂肪肝の数値

脂肪肝は、肝臓にある肝細胞の30%以上に脂肪がついている状態のことです。
本来、肝臓は、肝細胞の中にエネルギー源である脂肪を蓄積しています。
しかし、使うエネルギーより蓄える脂肪のほうが多くなってしまうと、肝細胞が太って肝機能が低下してしまうというわけです。

肝臓の症状は、自覚症状が出にくいことで知られています。脂肪肝の発症は、食生活の欧米化や運動不足などにより年々、増加傾向にあります。
脂肪肝は、飲酒の有無に関わらず、発症するようです。
しかし、毎日、飲酒している方は注意が必要。3合以上の日本酒、大ビン3本以上のビール、ダブル3~4杯のウイスキ一を飲んでいる方は、脂肪肝になりやすいです。

また、BMI(肥満指数)が25以上の方も注意する必要があります。この場合、体内の至るところに余分な脂肪が蓄積されています。その後、脂肪が肝臓にもついてしまった、というケースが多いです。
肥満と診断された約20~30%の方が、脂肪肝になっています。脂肪の数は、体重が2~3kg増えるだけで変動するようです。

脂肪肝は、脂肪が蓄積されて肝臓の働きが悪くなってしまった状態です。その状態で放置すると、脂肪性肝炎→肝硬変→肝がんの順で悪化していきます。

脂肪肝と診断される検査数値の基準

脂肪肝の検査は、画像解析(CT、超音波など)と血液検査を併用して行います。

画像解析では、脂肪が白く光って見えます。
血液検査では、ALT(GPT)、AST(GOT)の値が50~100前後に上昇する場合が多く、y-GTP、コリンエステラーゼなどの数値が高くなります。ALTとASTの数値が50~100前後になると、脂肪肝になっている可能性があります。

脂肪肝が進行して肝炎になっている場合は、これらの検査では症状を見分けにくいです。そのため、肝臓に細い針を刺し、肝臓の組織採取して調べる検査「肝生検」を行います。

肝機能に異常がみられる数値は、AST・ALTが31以上、y-GTPは男性が51以上、女性が31以上の場合です。
また、医療機関を受診する必要がある数値は、AST・ALTが51以上、y-GTPは101以上になります。

このカテゴリでは、脂肪肝に関わるALT、AST、y-GTP、コリンエステラーゼ、そのほかコレステロール値、GTPなどの数値や中性脂肪などについても紹介しています。脂肪肝を予防&改善する上での参考にしてみて下さいね。