肝臓の脂肪を増やさない!脂肪肝の対策をまとめました

HOME » 脂肪肝と数値の関係性について » 総コレステロール

総コレステロール

脂肪肝が改善する、総コレステロールを下げる方法について紹介しています。

総コレステロールの数値を下げる方法とは?

脂肪肝は、総コレステロール値が高くなると発生します。総コレステロール値を下げるには、食事療法が有効です。
総コレステロール値を下げる方法は、以下の通りです。

  • 総コレステロールの吸収を抑制する食品の摂取
    もずく、ひじき、昆布などの海藻類を食べるのがオススメです。海藻類に含まれるアルギン酸が、腸内の総コレステロールの吸収を抑制してくれます。
  • 総コレステロールを処理する肝機能を高める食品の摂取
    野菜を食べると、成分であるアミノ酸が、動脈硬化を引き起こす総コレステロールの一種「悪玉コレステロール」を分解、排出して酵素の働きをサポートしてくれます。
  • 総レステロール値を下げる食品の摂取
    大豆に含まれる成分「サポニン」は、悪玉コレステロールを分解してくれます。納豆や豆腐など大豆製品を食べるようにしましょう。

また、総コレステロール値の上昇には、適度な運動がオススメ。ウォーキングなどの有酸素運動は、脂肪をエネルギー源に変えて脂肪を燃焼、善玉コレステロールを増やしてくれるのです。
そのほか、タウリンやオルニチン、クルクミンなどの肝臓の機能を改善させる成分を配合したサプリメントの摂取も効果的です。

一方、総コレステロール値が低すぎても身体に良くないとか。
野菜メインの食生活は、コレステロールが不足しやすいとされています。過度なダイエットをしている方は、特にコレステロール値が低いようです。野菜や海藻のほか、卵や乳製品なども摂取し、バランスの良い食生活を心掛けたいですね。

総コレステロールとは

血液中に含まれている「総コレステロール」は、細胞膜の形成をメインに行っています。そのほか、栄養分を分解したり、筋肉を作るホルモンの元になったり、栄養を吸収する胆汁酸の元になっています。

総コレステロールには、善玉コレステロールと悪玉コレステロールの2種類があります。
善玉コレステロールは、細胞に溜まった古いコレステロールを回収、肝臓に送ることにより、動脈硬化を防いでくれます。
悪玉コレステロールは、総コレステロールとしての役割を体内の様々な箇所に供給してくれます。しかし、悪玉コレステロールは、過剰に増加すると血管に蓄積され、動脈硬化を悪化させてしまうのです。

中性脂肪や総コレステロールの数値が高い症状は「脂質異常症(高脂血症)」と呼ばれています。
脂質異常症は、自覚症状がないので早期発見が難しい症状です。
脂質異常症が進行した状態が「動脈硬化」となって現れます。さまざまな要因から増殖した総コレステロールなどの脂質が、血管の内側に蓄積されて血管が傷ついて発生します。

総コレステロールの正常な数値は「120~220mg/dl」。この数値を超えると脂肪肝や動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などになります。
また、善玉コレステロールの数値が「40mg/dl未満」、悪玉コレステロールの数値は「140mg/dl以上」の場合でも注意が必要です。
血液検査を受ける場合は、総コレステロールの数値だけではなく、善玉&悪玉コレステロールの数値についても確認しておきましょう。