肝臓の脂肪を増やさない!脂肪肝の対策をまとめました

HOME » 脂肪肝と数値の関係性について » コリンエステラーゼ

コリンエステラーゼ

ここでは、コリンエステラーゼと脂肪肝の関係性と、コリンエステラーゼを下げる方法を説明しています。

 

脂肪肝を改善できるコリンエステラーゼの下げ方

病院で検査や検診をして、コリンエステラーゼが高いと判断された場合、肝臓やすい臓、肺や腸といった臓器の改善が求められます。

脂肪肝は、主にアルコールの飲み過ぎや肥満といった、生活習慣が原因です。
なので、コリンエステラーゼを下げる改善策は、アルコールを極力控え、規則正しい食事を取り、運動することでしょう。

運動をするとしては、注意点があり、お腹周りが出てきたからといって、腹筋するだけでは脂肪肝は減りません。
その理由は、脂肪は腹筋のような無酸素運動だけでは減らないからです。
なので、有酸素運動と無酸素運動をバランス良く取り入れ、基礎代謝を上げつつ脂肪を燃やすのが効果的といえますが、毎日続けるのはとても大変でしょう。

食事の改善にしても、いきなりご飯の量を減らして、カロリー制限をするのは大変です。

そこで、脂肪肝対策に特化したサプリや健康食品を上手く取り入れ、賢く、楽して痩せる方法をオススメしています。
当サイトでは、脂肪肝に効果的なサプリや健康食品を紹介しているので、参考にしてみて下さい。

コリンエステラーゼが増えると脂肪肝と疑われる理由

コリンエステラーゼ(ChE)とは、肝臓内でつくられる酵素の一種です。
脂肪肝が多いと診断された方は、コリンエステラーゼの値も高い方が多いです。
ですが本来、コリンエステラーゼは、脂質の代謝には関わってはいません。
では、このコリンエステラーゼが高いと、なぜ脂肪肝と疑われるのでしょうか。

コリンエステラーゼには、コリンエステルという物質を分解させて、たんぱく質をつくる役割を担っています。
コリンエステルには、その名のとおり、コリンとエステルという2つの化合物から成り立っているのですが、エステルという物質には、脂肪も含まれているのです。
脂肪の量が多いと、肝臓は通常よりも、脂肪の代謝が活発になります。その結果、肝臓全体のはたらきが増えるので、肝臓内にあるコリンエステラーゼの生産も必然的に増えてしまうのです。