肝臓の脂肪を増やさない!脂肪肝の対策をまとめました

HOME » 脂肪肝対策の効果が期待できる栄養成分 » スルフォラファン

スルフォラファン

肝臓に良いサプリ成分として注目の、スルフォラファンについてまとめています。

肝臓に良い成分:スルフォラファン

ブロッコリースプラウト(新芽)から発見された成分スルフォラファンは、アブラナ科の野菜に含まれる辛み成分イソチオシアネートの一種であり、肝臓の解毒機能に作用します。

肝臓の役割である解毒機能が働くには、解毒酵素が欠かせません。しかし日々の暮らしにおいて、ストレスや疲労が溜まったり、食べ過ぎ、飲み過ぎなどの悪い生活習慣が続いたりすると、解毒酵素をつくる働きが弱まってしまいます。そうした中で、肝臓の解毒機能を維持するには、解毒酵素を活性化させることが必要になります。

ブロッコリースプラウトに含まれるスルフォラファングルコシノレートは、体内でスルフォラファンという成分に変化し、肝臓の解毒酵素を活性化します。スルフォラファンは、有害物質に直接働きかけて無害化する物質ではありませんが、人間が本来備えている解毒酵素を増産し、肝臓の解毒力を強化する力があります。

また、スルフォラファンの長所として、熱に強いため食事に取り入れやすいことがあげられます。サラダや和え物はもちろん、加熱する料理にも利用できます。ただし水溶性なので茹でて汁を捨てると減ってしまいます。汁ごと食べる味噌汁やスープがマッチしています。

とはいえ、あくまで食品ですから、薬のような期待はできませんし、料理の食べすぎは逆効果で脂肪肝をまねきかねません。肝臓に脂肪をつけないためには、スルフォラファンはサプリによる摂取を検討するといいでしょう。

【おすすめサプリ】

カゴメの脂肪肝対策におすすめのサプリ「スルフォラファン」 商品名 植物性サプリメント スルフォラファン
製造・販売 カゴメ株式会社
特徴
3粒で必要充分な、30mgのスルフォラファンが摂取できるハードカプセル。ブロッコリーなら1株(230g)、ブロッコリースプラウトなら1.5パック(1パック20g)に相当。

おすすめサプリの口コミ

歳のせいか50歳を過ぎた頃から激しくなった二日酔いに悩まされていたんですが、このサプリを飲むと二日酔いにならずに済むんです。

最近は酒に弱くなっていたのですが、これを飲んでからの晩酌が楽しくてたまりません。

飲み始めてから肝機能の数値は測っていないのでわかりませんが、朝は爽やかに起きられるので、きっと良くなっているんでしょう。